PET検査の基礎知識!


PET検査の基礎知識!

癌は早期発見、早期治療が最も大切です。しかし、通常の健康診断ではなかなかすべての癌を発見することはできません。また人間ドックでCTやMRIをとっても必ずしも癌が発見できるわけではありません。というのは、ある程度癌細胞が大きくならないと肉眼で見つけることが難しいからです。しかし、それでは早期発見が難しくなってしまいます。

そこで効果的なのはpet検査と呼ばれる癌検査です。petとは陽電子放射断層撮影という意味の英語の略ですが、その特徴は癌細胞に目印を付けることができるということです。これは癌細胞がブドウ糖を取り込むという性質を利用したもので、まずpet検査ではブドウ糖と似た成分を体内に注射します。すると、もし癌細胞がある場合には、その成分が癌細胞の周りに集まってきます。それにより1センチ以下の小さな早期癌でも発見が可能になります。日本国内でもここ最近pet検査を行う人が増えてきていますが、一部の疾患をのぞいて保健が適用されないというのが課題となっています。

今更ひとに聞けない!PET検査についての疑問

pet検査はガン等の発見に役立つもので、最先端の検査ともいうべきの検査で、最近では多くの病院でこのpet検査が受けられるようになってきました。しかし検査を受ける為に高額な料金が必要になってくるということで、まだまだ一般的にはそれほど浸透していない検査である為、人によってはこの検査に対して様々な疑問を持っていることも多いのです。
まずどのような検査なのか?痛くないのか?という疑問を持つ人が最も多いですが、この検査は基本的にボーっと寝ながら受けるだけなので、何らの苦痛も伴わないというのが答えとして挙げられます。
それからpet検査を受けている間は退屈ではないのか?と疑問に思われる方も多くいらっしゃいます。これは人にもよりますが、ただひたすら検査が終わるのを待っていなければいけないので非常に退屈で苦痛だという人もいれば、検査中に寝てみたり瞑想してみたりして時間を潰すことが出来るのでさほど苦痛ではないという人もいるのです。